SERVICE
金属表面処理

  • 金属表面処理

こんな課題ありませんか?

塗装が長持ちしなくて困っている

一般的な塗装ではミルスケール(製造時に付着している鉄の酸化物)の上から塗装するため、時間の経過とともにミルスケールの境界で錆が進行し塗装が長持ちしない原因となります。

ショットブラスト加工は
錆の進行を防ぎ塗装を長持ちさせます

塗装を長持ちさせる仕組み

製造時の鋼材の状態

製造時の鋼材の状態

製造時の鋼材にはミルスケール(製造時に付着している鉄の酸化物)があります。その酸化物を除去するために、ショットブラスト加工を行います。

POINT
  • ミルスケールを除去しないまま塗装すると境界で錆が進行してしまう

ショットブラスト加工を実施

ショットブラスト加工を実施

小さな無数の鋼球(研掃材・ショット玉)をショットブラストマシンから高速で金属表面へ投射します。

ショットブラスト加工後

ショットブラスト加工後

ミルスケールやその他の異物は除去され、研掃材の衝撃で鉄の表面に小さな凸凹ができます。

塗装を行います

塗装を行います

ミルスケールなどが除去されているため、塗装の内部より錆が進行しません。

POINT
  • 時間が経過しても塗装が剥離しない
  • 表面に凸凹があるため、鋼材との密着性が良好

ショットブラスト加工を
施した製品の場合
塗装が長持ちする!!

長期に渡って塗膜による鋼材の保護が必要なところに使用されています。

橋梁、造船、電力プラント、LNGタンク、海洋構造物、美観を重視した建物などで技術が活かされています。

ショットブラスト加工は
様々な鋼材に対応可能です

全国8工場 (9生産ライン) を保有しているわたしたちは、薄物 (厚さ2.3mm) から大型(高さ1,000mm) のものまで、
さまざまな大きさの鋼材や、異型の鋼材も高精度に表面処理することができる生産ライン、機械設備を備えております。
ホットコイルから切断した厚さ2.3mmの薄物も、独自のショット加工技術で歪みを最大限抑えることが可能です。
大型の鋼材でも手打ちブラストにて対応できますので、まずはご相談ください。

薄物の製品

ホットコイルから切り出した鋼材

(厚さ2.3mmから)

※2.0mmも対応可能ですが、まずはご相談ください。

大型の製品

パイプ

H鋼

角パイプ

ステンレス鋼管
(内面ショットピーニング)

※各種条件(内径・長さなど)により対応可能サイズが異なりますので、まずはご相談ください。

製品ブラスト

※単体重量 10t

ショットブラスト加工に
関することなど
お気軽にお問い合わせください