ステンレス鋼管内面
ショットピーニング加工

ステンレス鋼管内面
ショットピーニング加工は
製品の使用期間を長持ちさせることが可能です

石炭火力発電所にて使用される超々臨界圧ボイラ蒸気加熱管を対象としたステンレス鋼管の内面加工です。ステンレス研掃材を鋼管内面へ投射することによって、耐水蒸気酸化特性が向上し、超々臨界圧ボイラ蒸気加熱管のような非常に厳しい使用条件下であっても水蒸気酸化によるスケールの堆積を長期間抑えることができ、火力発電所の安定操業に貢献することが出来ます。(水蒸気酸化スケールの堆積によるボイラ過熱管粉破事故を未然に防ぐことが出来ます。)。加工後は検査機関にて鋼管内面の組織判定と硬度計測を行い、検査結果と共に納品します。

  • 34.0mm~70.0mmまで対応可能です。

実績紹介

  • ボイラーチューブ

  • ボイラーチューブ

  • 梱包

ショットブラスト加工に
関することなど
お気軽にお問い合わせください