HISTORY
沿革

1960 - 1979年

  • 1967- 昭和42年 -
    5月

    ニホンケミカルとして尾道市に創業
    船舶・機器・配管・タンク等のケミカルクリーニング及びオイルフラッシングを開始

  • 1973- 昭和48年 -
    6月

    酸洗工場を三原市深町に建設
    各種鋼材の酸洗及び塗装工事を開始

  • 1977- 昭和52年 -
    5月

    株式会社ニホンケミカルを福山市新浜町に設立 
    資本金100万円
    同時にショットブラスト及び塗装工事を開始
    村上人司代表取締役社長就任

1980 - 1989年

  • 1981- 昭和56年 -
    11月

    本郷工場を広島県三原市本郷町に建設
    ショット加工の需要拡大を図る
    資本金400万円に増資

  • 1983- 昭和58年 -
    2月

    ショット加工及び塗装工事を本郷工場に集約

    3月

    本社を広島県三原市本郷町に変更

  • 1989- 平成元年 -
    1月

    資本金1,000万円に増資

1990 - 1999年

  • 1990- 平成2年 -
    6月

    本社及び本社工場を現在地に建設移転

  • 1995- 平成7年 -
    5月

    三原工場をショット工場に改造

  • 1996- 平成8年 -
    5月

    千葉県浦安市に浦安営業所開設
    同時に東日本の需要に応えるべく浦安工場竣工

    7月

    浦安鐵鋼団地協同組合加盟

  • 1998- 平成10年 -
    6月

    村上正司代表取締役社長就任

  • 1999- 平成11年 -
    11月

    ISO9002認証取得

2000年 -

  • 2000- 平成12年 -
    6月

    浦安工場で造船用型鋼の切断加工を開始

  • 2001- 平成13年 -
    6月

    本社工場で造船用型鋼の切断加工を開始

  • 2002- 平成14年 -
    6月

    本社工場に造船用型鋼加工工場C棟就工

    12月

    ISO9001 : 2000認証取得

  • 2003- 平成15年 -
    4月

    本社工場に曲げ加工工場D棟就工

  • 2007- 平成19年 -
    1月

    広島県尾道市向島町日立造船旧向島西工場内に尾道工場を竣工し、造船用型鋼の切断・曲げ加工を開始

    3月

    兵庫県赤穂郡上郡町に赤穂工場を開設し、ステンレス鋼管の内面ショットピーニング加工を開始

  • 2008- 平成20年 -
    8月

    村上眞二代表取締役社長就任

  • 2009- 平成21年 -
    5月

    (株)函館スチールセンター設立

    9月

    (株)三原工場ショットラインを本社工場C棟に移設

  • 2010- 平成22年 -
    4月

    (株)函館スチールセンター操業開始

  • 2012- 平成24年 -
    6月

    (株)泉北スチールセンター設立

    7月

    (株)泉北スチールセンター操業開始

  • 2013- 平成25年 -
    1月

    赤穂工場設備本社工場移設(SUS第1工場)し、ステンレス鋼管の内面ショットピーニング加工を開始

    2月

    ステンレス鋼管内面ショットピーニング加工工場増設(SUS第2工場)

    3月

    本社B棟、浦安工場ショットラインを改造し、本社・浦安2.3mmから加工可能体制に強化

  • 2015- 平成27年 -
    2月

    本社工場C棟の形鋼切断・曲げ設備を尾道工場同敷地内へ移設(尾道第二工場)

    7月

    浦安工場のショット設備一式をリプレース

    12月

    エヌシー共済会(企業内共済会)設立

  • 2016- 平成28年 -
    8月

    石田雅裕代表取締役社長就任

    12月

    尾道第一工場に形鋼自動切断機を導入

  • 2017- 平成29年 -
    3月

    浦安第二工場(㈱ショット・サービス)を浦安市港12番地に移転し、ショット設備一式をリプレースして稼働開始

  • 2018- 平成30年 -
    6月

    尾道第二工場に形鋼自動切断機を導入

    11月

    浦安加工センターに形鋼自動切断機を導入

    12月

    (株)函館スチールセンターに形鋼自動切断機を導入

  • 2019- 令和1年 -
    12月

    本社第二工場竣工